にんにくたろうのにんニク日記

にんにくたべてげんきになりなよ。

にんにく卵黄

にんにくの芽の栄養素と効果。

ニンニクの芽を料理に使うことがあるかと思います。にんにくの身よりやや臭いも少なく、でもにんにく独特の食欲をそそる程よい香りが料理に一味深みを加えてくれます。


にんにく自身に対する健康効果はこれまでに書いてきたとおりですが、果たしてにんにくの芽にはどんな栄養素があり、どんな健康効果が期待できるのでしょうか。


今回の記事ではにんにくの芽の知られざる栄養と効果についてまとめていきたいと思います。


そもそもにんにくの芽って??


さて、そもそもにんにくの芽がどんなものかよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。例えば、にんにくをしばらく置いておくと生えてくるあの芽と勘違いしている方もいるようです。ニンニクの芽は、にんにくの球根部分から上に向かって伸びている花茎のことを言います。


にんにくの芽をそのまま伸ばしておくと花が咲きます。花が咲くとそこに養分をとられ、肝心のにんにくの身の養分が少なくなってしまいます。そこで、花が咲く前ににんにくの芽、つまり花茎を刈り取ってしまうことが一般的なのです。これがスーパーや市場で並ぶニンニクの芽の正体だったんですね。


ちなみに日本で流通しているニンニクの芽のほとんどが中国産または韓国産となっています。国内産のにんにくの芽が出回るのは5-7月の2ヶ月間ほどです。海外産の野菜に敏感な人は国産を選ぶのもいいかもしれません。にんにく同様、ニンニクの芽も国産の方が当然お高くはなりますが。


にんにくの芽にも含まれる代表的栄養素アリシン。


にんにくの臭いの元となるアリシンがニンニクの芽にも多く含まれています。臭いの元と敬遠することなかれ、その健康効果は眼を見張るものがあります!例えば、抗酸化作用に殺菌抗菌作用。抗酸化作用は、美容に敏感な人ならすぐにお分りいただけるはず、そう、若返り効果に近い作用が期待できます。


その他にもコレステロール抑制、血糖値の上昇抑制、血液サラサラ効果など嬉しい作用が盛りだくさん!にんにくの身だけでなくニンニクの芽も注目すべき食材と言えるでしょう。


にんにくの身には含まれないカロテンが豊富。


にんにくの芽にはカロテンも多く含まれています。人参など緑黄色野菜に多く含まれるカロテンですが、こちらにも高い抗酸化作用があるとされています。にんにくの芽に含まれるアリシンと相まって、さらに高い抗酸化作用があると考えていただいて結構です。


その他にも夜盲症の予防、美肌効果、粘膜作用強化による口内炎歯周病の予防、がん発生リスクの低減なども見込まれています。これは嬉しいですね、緑黄色野菜を食べた方がいいと言われる理由がよく分ります。


にんにくの芽にはこのカロテンが多く含まれていますので、効率的に摂取することで様々な健康効果が期待できます。


油と一緒に調理すると吸収率がアップ!


[画像引用:http://www.koujuan.co.jp/recipe/2013/04/130403_1.html

ニンニクの芽に含まれるカロテンは脂溶性の栄養素となっています。生のままでは中々効率的に体内に摂取できませんが、油と合わさることによって吸収率が高くなるとされています。


さらに、ビタミンB1と相性のいいアリシンも含まれていますので豚もも肉などと一緒に炒めることで高い疲労回復効果も期待できますしスタミナ料理としても抜群です!スポーツマンにも嬉しいかもしれません。にんにくほど臭いがきつくありませんので、次の日が仕事やデートでも問題ないでしょう。

まとめ。


ニンニクの芽にも知られざるたくさんの健康効果が期待できます。にんにくの身だけでなく、芽にも是非注目していただければと思います( ^ω^ )値段も安いですし、にんにくより調理がしやすいのもうれしいですね!

にんにくを加熱すると生成される「アホエン」がなかなかいいらしい。

にんにくには多種多様な栄養分が含まれています。なかでも有名なのが、にんにくの臭いの元となるアリシンと呼ばれる成分です。このアリシンがビタミンB1と結合して疲労回復効果を高めてくれたり、老化の元となる活性酵素の働きを抑制してくれたりと、にんにくの中でもなかなかスーパーな成分と言えます。


さて、このアリシンを熱すると、アホエンと呼ばれるまた違った物質に変成するという情報を得ました。さっそくアホエンについてまとめていきたいと思います。情報のソース元がなかなかパッとしなくて、それに習ってこの記事の内容ももしかしたらパッとしないものになっているかもしれません、先に断っておきます。


アリシンが変成してできるアホエンの効果とは。


アホエンはイオウ化合物の一種。ここまではアリシンと同じです。特徴として、生のにんにくには含まれておらず、にんにくを100度以下で熱することにより発生する物質であることが挙げられます。100度以上の熱にさらされるとアホエンは破壊されてしまうということでした。


気になるアホエンの効果ですが、どこまで本当かわかりませんが、このような感じでまとめられていました。

◾️アホエンの効果

  • 脳若返り・記憶力アップ
  • コレステロール値を下げる
  • 尿酸値を下げる
  • 活性酵素濃度を下げる
  • 血液がサラサラになる
  • 中性脂肪が減る
  • 発ガン性物質を抑える
  • 美肌効果がある

※引用元:http://aqua-journal.com/633.html


うーむ、なにやらすごそうではあるのですがソース元の信頼性にかけるんですよね。なにがどうなってこういった効果が得られるのか、ウィキペディアも調べてみましたがなんだかうまくまとまっていません。


また、熱を加えないと生成されないという特性もありますので、普通ににんにくを中火もしくは強火で炒めてしまうとほとんどの機能が死んでしまうと理解しておいていいかもしれません。


アホエンオイルとして摂取するのが一般的。


アホエンはサプリメント、またはアホエンオイルとして摂取するのが一般的とされています。


アホエンオイルの作り方は比較的簡単で、100度まで湯煎であたためたオリーブオイルの中に刻んだにんにくをいれて冷ますというだけです。100度以上に熱さないように気をつけましょう。冷ました後、中のにんにくは漉していいそうです。


サプリメントでも販売されています。販売元は「スジャータスジャータ♩」でも有名なめいらくグループ。もし興味がある方がいましたら下記から購入できますのでどうぞ。


▼アホエンサプリメント

アホエン 無臭にんにく 世界特許

新品価格
¥1,500から
(2016/12/27 21:07時点)



アホエンオイルも販売がありましたので掲載します。


▼アホエンオイル▼

アホエンオイル 110g

新品価格
¥1,780から
(2016/12/27 21:08時点)



アホエンサプリメントの方は商品名に無臭とありますが、口コミを見てみる限りややニンニク臭がするみたいですね。いくつか口コミも参考に載せておきます。

口コミ①

疲れた時に飲むと元気になれます!
無臭・・ではありませんね。 苦笑))

開封するとかなり
にんにくの臭いがします。

ただ飲んでいて周囲の人から、にんにく臭いとは
なかなか言えないとは思いますが・・
不快な思いをさせてる感じはないとは思います。 多分。



口コミ②

私が飲んでいるのは「アホエン」という名前なんですが、
同等品のようなので、ここにクチコミさせていただきます。
不定期に疲れたな~と感じたときなど思い出したように飲んでいます。
なんとなく元気が出るような気がしないでもありません。
無臭ということらしいですが、袋を開けるとにんにく臭がするので、
全く無臭とは思えず、人と会う日には控えるようにしています。
便秘に効いたという人もいましたが、
私は便秘ではないので、わかりません。
また、だからと言って下痢になったこともありません。
何となく家にあったら安心なお守り的な存在です。


他にも口コミを見て見ましたが「風邪をひきにくくなった」「風邪をひいても重症化しなくなった」などの意見が多かったです。風邪ひきやすい人にはいいかもしれませんね!元々はにんにくに含まれているアリシンですから、滋養強壮、殺菌抗菌などで風邪に効果的なのかもしれません。

まとめ。


アホエンについてはまだまだリサーチが必要だなと実感しています。もっとちゃんとしたリソースを見つけないといけないです。


「アホエンのなにがどこにどんな風にいいのか」ちゃんとまとまっているところ見つけるか、図書を当たって見ます。とりあえずアホエンについてはこれくらいで。また次回をお楽しみに〜( ^∀^)

にんにくサプリのモニター始めました!健康家族のにんにく卵黄にチャレンジ!

にんにくやにんにくサプリメントについてご紹介している身ですので、身をもってその効果をレポートしようと思い、にんにくサプリメントをはじめることにしました


商品は前回も紹介した健康家族のにんにく卵黄。早速商品が届きましたので写真にてご紹介します。


【パッケージ 裏には健康十ヶ条が書かれています】

【資料がたくさん!】

【お目当のにんにく卵黄】

【カプセル、ほぼ無臭】


準備万端です!とりあえず1日一粒を目安に摂取していこうと思います。特に健康面で気になる点はないんですが、明らかにサプリメント飲み始めて変わったな、と感じることがあったら適宜レポートしていきます!


是非お楽しみに( ^∀^)


▼▼下記からもご購入いただけます▼▼
にんにく卵黄



にんにく卵黄